外壁塗装を安くする為のとっておきの方法とは

お気に入りに追加
ランキング

1位 外壁塗装の窓口

実績 10万人を突破
無料相談 あり
提携業者
優良加盟店500社以上
利用料金 無料
特徴 中立的な立場から徹底サポート!イエローカード制度、お断り代行制度あり!
特典

メールアドレスの入力で全国の相場と業界裏事情の小冊子をプレゼント

お申込みはこちら



2位 外壁塗装の駆け込み寺

実績 10万件以上
無料相談 あり
提携業者
全国500社
利用料金 無料
特徴 見積もり依頼と同時に料金相場がわかる!他社見積もり中でも対応可能
特典

・最大10万円キャッシュバック
・ガイドブック進呈

お申込みはこちら



窓口担当者にも専門知識がある塗装業者を選ぶこと
わが家では、外壁塗装を行う際に大手ホームセンターのリフォームサービスコーナーを利用しました。そのホームセンターに依頼しようと思った動機は、リフォームサービスコーナーの窓口担当者が外壁塗装に関して色々な知識を持っていると感じたからです。
実際に外壁塗装を行うのは、このホームセンターと契約を結んでいる下請け業者の職人なのですが、もしも現場でトラブルや施工不良などが発生した場合は、このサービスコーナーの窓口担当者を通じてクレームを入れたり相談をしたりしなけれなりません。その時にただ愛想が良いだけでクレームや相談の内容を全く把握できないような担当者では困るのです。
また、窓口担当者が我が家の外壁材の特性や前回使用した塗料、現在の外壁のコンディションなどをある程度、理解・把握出来なければ、わが家ような外壁の塗装が得意な業者や職人を選出することも出来ないだろうと思います。その点、この担当者は、色々なことを心得ていて安心して任せることが出来ると感じたのです。
そういった相手の力量を見極めるには、顧客側にもそれ相応の知識が必要です。業者選びで色々な場所を訪問する時には、くれぐれも「素人なので全てプロに任せます」というスタンスで相談を持ち掛けてはいけないと思います。さらに見積もりに関して「安ければ安いほど助かる」などと口にすれば最悪の結果を招きかねません。
こういったケースで値引きがある場合は、業者がその利益が減った部分を背負うわけではありません。業者はしっかりと自身の儲けを確保しながら、ランクの低い職人(技術的に未熟で人件費の安い職人)を派遣する可能性が高いのです。
金額に関しては、いくつかの業者から相見積もりを出してもらえば、おおよその相場というものがが自ずと分かります。それらを把握したうえで、適正な価格で良質な塗装工事を行ってくれる業者を選ぶことが大切なのです。
そのためには、顧客もある程度の知識を持つべきです。最低限、自宅の外壁材の種類・メーカー名・商品名・型番、塗料の種類や色番号などは知っておくべきです。また、その外壁材や塗料の特徴や組み合わせの相性についても予備知識が必要です。不明点は新築施工時の工務店やハウスメーカーの現場監督に教えてもらうことをお勧めします。